スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作文 「男の性(サガ)」

2時からメンテのせいでやる事ねえよ、タミコでふ

暇なんでゴソゴソしてたらお盆の時に実家から持って帰った荷物に 中学校時代の修学旅行の作文を発見
時間潰しにコイツを紹介しよう

これは長崎に行ったときにハウステンボスでおこったラブコメを書いたもの
読み返して思った事は異常な程の箇条書き
おそらくはノルマの原稿用紙3枚分対策と思われる
しかしこの作文、先生にやたら気に入られて皆の前で読まれるという恥かしい思いをした ある意味力作
その記念にとっておいた物と思われる

では紹介しよう
中学時代の私のラブコメを堪能するがよい





「男の性(サガ)」
             タミオ






就学旅行1


修学旅行の2日目の5月29日、僕らはハウステンボスで自由行動になった
僕はS君と4組のM君とおまけのO君と4人で行動した
写真など撮ったり色々な所などを見学していると、ある人が
「ノアの伝説がおもしろいでー!!」
と言ったので、僕は強く心を打たれて、まるでリレーをするかのように急いで目的地に突っ走りました

しばらくして僕たちの目の前に伝説の「ノアの宮殿」が まるで待ち構えていたかのように高く、そして優雅にそびえ立っていました
僕たちは「ゴクリ」とツバを飲み込み、一歩また一歩と宮殿に近づきました
入り口で券を買ってかわいいお姉さんにカードを渡して入場しちゃいました

しばらくそこらを眺めていて、ふと振り向くと




修学旅行4
そこにはまるでヴィーナスをそこに連れて来たかのような、それはいと美しい娘がそこに立っておられました

僕は完全に一目惚れしてしまいそこに化石化したようにただ突っ立ってるだけでした
しばらくして正気を取り戻した僕は、是非その若い女の人の写真を撮りたいという変態的ひらめきが起こりました
僕は震える指とたとえようのない緊張感をこらえて





修学旅行2
カメラのシャッターを押しました

し、し、しかし なんと僕はある重大なミスをおかしている事に気付きました!!


そのミスとは






修学旅行3
なな、なんと!カメラのフタを取るのを忘れていたのだった!!

これはヤバイ、もう手遅れだと思っていたらなんと





修学旅行4
お姉さんは僕に写真を撮ってもらいたいのごとく、そこに静かに立っておられました

僕は気を取り直して再び写真を撮ろうとした瞬間 突然!!












変態
変なオジサンがカメラの前に飛び出して来ました

僕はあわてて写真を撮りそこない、折角のチャンスを逃してしまいました
それはまるで高くそびえ立つ山を、一人必死で登っていて後一歩で頂上にたどり着くという所で 頂上にいた人に蹴落とされた気持ちにちょっぴり似ていた(多分・・・)
結局写真は撮る事が出来なかった・・・
ちくしょ~ジジイめ~
でも椅子に座るときに、僕の前の席に座ってくれたのだ!!ラッキ~

終わり


以下、先生よりコメント
 面白いじゃないですか~ 
 しかし、わりとおとなしいんですね
 こんな時は声かけて、住所、電話、名前くらい聞くものです



先生のおっしゃる通りだな
ウブすぎる中学時代のタミオ
このお姉さんは多分女子大生くらいじゃなかったっけか?
どっちにしろ相手にされんかったと思うわ

とても中学生とは思えない作文だわ、色んな意味で・・・
とりあえずアレだ
昔からアホだった・・・

じゃ、EP3で会おう・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

タミコ

Author:タミコ
ダラダラ寄り道、散歩道。楽しんでもらえたら幸いでふ

1st タミコ(アホ)
2nd 邪ミコ(世紀末覇者)
3rd タミコMrk2(空気)
4th タミオ(カス)
5th キュー(暴君)
6th タミコMk-Ⅲ(淫乱兵器)
7th タミー・ヘブンリー(キャラ不安定)
8th タミコトリアス(無個性)
9th タミーザ(帝王)
10th ガロン子゛(虫)
11th タミコップ(熱血)
12th ガロンゴリーナ(Ca不足)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。